目の下のクマやたるみを除去してキレイになろう。

わきがを治す

わきがはアポクリン腺

日本人はにおいに敏感だといわれています。汗や加齢臭、口臭等の対策として様々な種類の商品が販売されています。汗や加齢臭、口臭の他にも気になる臭いに、わきががあります。汗には、汗腺であるアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。アポクリン腺から出る汗にはもともと脂質やタンパク質、糖質、アンモニア等の成分が含まれています。アポクリン腺から出た汗は最初は無臭ですが、アポクリン腺に含まれているたんぱく質や脂質等の成分を皮膚にいる常在菌が分解した時に、わきがのツンとした臭いが発生します。この臭いは皮脂と混ざり合うと、もっと強い臭いになります。もう1つの汗腺であるエクリン腺から出る汗も最初は無臭ですが、汗をかいたままにしておくと、細菌等が繁殖し臭いがします。これは、わきがの臭いと異なり汗の臭いです。

様々なわきが治療方法と効果

次は外科的なわきが治療の方法を挙げていきます。一般的に行われているわきが治療手術として剪除法があります。この治療方法は脇の下を切開して、医師の肉眼でアポクリン腺を1つ1つ確認しながら、はさみで取り除いていくものです。健康保険が適用される為治療費の負担が少なく済みます。これから挙げていくわきが治療施術は、健康保険の適用外で自己負担となります。超音波吸引法と呼ばれるわきが治療は、脇の下を切開し細い吸引管でアポクリン腺を吸い取るものです。脇の下の切開の傷口は小さくすみます。次のわきが治療は脇の下を小さく切開し、レーザーでアポクリン腺を焼き壊すものです。脇の下を切開せずに行う施術として、マイクロ波でアポクリン腺を焼いて壊す治療もあります。わきが治療の施術を希望する場合は、医師とのカウンセリングを十分に行って、自分にあった治療方法を選びましょう。